忍者ブログ
2005年から始まった2度のカナダ留学から2008年夏に戻ってきました。英語・フィドル・美味しいもの・・・ささやかな日常を綴った生存確認ブログでしたが、2010年、突然結婚することになり、今や何がテーマかよくわからないブログになりました。
[587]  [586]  [585]  [584]  [583]  [582]  [581]  [580]  [579]  [578]  [577
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一週間遅れで今日から「てっぱん」が再開し、この元気が被災地に届きますように、と祈っています。

地震後、ずっと揺れているような感覚が取れなくて時々気持ち悪くなりますが、ネットのニュースを見るとそういう人が多いようですね。余震には相変わらずビクビクしていますが、仕方ないことです。

4月中旬の陽気だったという今日は、お天気も良かったですね。
散歩に行こうという夫と連れだって、街まで行って来ました。買い物もあったので、昼食後にぷらぷらと出て行きました。右目のものもらいはまだ腫れていて、まるで殴られたようですが、メガネとマスクで外出です。

空は青空。ついに634メートルまで到達したというスカイツリーが映えています。地震後も順調に作業が進んでいたということなのでしょう。すごいですね~。

薄暗い灯りの中営業している無印良品で買い物をした後、ちょっと様子を見ようと電気量販店に行ってみました。携帯ラジオは軒並み品切れ。小型のラジカセも売り切れていました。電池も単1から単3まで完売でした。家にはラジオが無いので用意しないといけないのですが、さすがに今は無理だから、供給が落ち着いたら手回しのラジオを買うことにいたしました。

そのビルに入っている本屋さんも照明7割で営業中。それでも充分明るかったです。普通の状態がやり過ぎなのかもしれませんね。

その後別のビルの中のお気に入りのカフェでコーヒーを飲んで、また違う本屋さんに行きました。たくさん並ぶお料理の本。作り置きおかず、節約おかず・・・。でも、これってライフラインが当たり前に使えるからこそできることなんですよね。当たり前のことがこんなに恵まれたことだったなんて、としみじみ思いました。そして、別の階で全力で営業中のゲームセンターに殺意を覚えてしまいました・・・。せめて半規模で営業とか。休業とかっ!!

帰りにいつものスーパーに寄ると、依然玉子と牛乳、トイレットペーパーは無かったものの、お菓子やパンの棚もかなり復活し、お米も少々高めのものですが、5キロの袋が積んでありました。少しずつですが、街に平和が戻って来つつあります。

でも、疑っちゃ悪いけど、街頭の震災募金は少し怪しかったなぁ・・・。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Profile
HN:
mariko @ 東京都
性別:
女性
趣味:
フィドル(バイオリン)、英語、最近は食育、お裁縫、お菓子も作っちゃう♪
自己紹介:
◆2005年ハリファックス、2007年バンクーバーと2度のカナダ留学を経て、カナダ・ケープブレトン島の音楽が大好きになりました。細々とですが、自分でもフィドル(バイオリン)を弾きます。

◆2010年7月、40歳で結婚。今は専業主婦をしながら日々楽しいことを探しています。

◆勉強も好きで、2006年CDA(キャリアカウンセラー)、2011年FP3級とFP2級を取得しました。知りたいことがたくさんあるので、今後も勉学に励みたいと思います。

◆映画「かもめ食堂」を見て、北欧のインテリアや小物が大好きになりました。特にmarimekkoが好きで、バッグを愛用しています。
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Domino
マウスで遊んであげて下さい♪
A book I am reading now
今読んでいる本です
amazon
本の検索にどうぞ
SHOPPING
Comment
[08/09 mariko]
[08/07 まゆとそらとゆき]
[02/24 mariko]
[02/19 choco]
[01/07 mariko]
Search
Counter
Access
Copyright © ワタシはまだウナギ All rights reserved. / Template by 四季. / Material by てんせん.

忍者ブログ [PR]