忍者ブログ
2005年から始まった2度のカナダ留学から2008年夏に戻ってきました。英語・フィドル・美味しいもの・・・ささやかな日常を綴った生存確認ブログでしたが、2010年、突然結婚することになり、今や何がテーマかよくわからないブログになりました。
[21]  [20]  [19]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カナダ、ケープブレトンの音楽に出会ったのは、2005年の10月、留学先のハリファックスの語学学校の課外旅行でケープブレトン島に行った時、スクエアダンスに連れていってもらった時でした。
 
帰国して、日本人フィドラーの演奏を聴き、自分でもフィドルを手に取ったのは2006年が終わりかけた頃。学生時代にクラシックバイオリンを弾いた経験はあったけれど、実際は楽器ケースの蓋を開けるのも10年ぶり。何とか弾ける状態であるバイオリンを工房で見てもらい、フィドルとして復活させ、あっという間に2年近く経ってしまったことに気付きました。早いものです。
 
今日は私がフィドルを弾くきっかけになった日本人フィドラーこと、Mihoさんのライブに行って来ました。相変わらず、弓さばきの見事なこと。次々出てくるお馴染みのチューン、初めて聴く曲もたくさん。こんなに大勢の人の前で弾くのって、すごいなぁ・・・・。私には到底できません(言い切った!)。
 
さて、聴きながら考えていました。私はフィドルでこれからどうしたいのだろう??プロのフィドラーとして活動したいとか、ライブをやりたいなんて野望もありませんし、ましてCDを出したいなんて考えたこともありません。それでも、来年はハリファックスでの巡業が待っています。(友達の家を渡り歩いて、演奏を聴かせるだけです。私の腕次第ではかなりメイワクなイベントとなる可能性も
 
私のフィドルを支えているのは、お世話になった人に聴かせたい、喜んでもらいたい、それだけなのです。そして、数あるフィドル音楽の中でも、ケープブレトンを選んだのは、何でもいいからカナダのノヴァスコシア州と繋がっていたい、という身勝手な理由なのです。要は、毎年ノヴァスコシア州に帰る理由が欲しいだけ・・・・。何て下心に満ちたフィドラーでしょう。(もちろん、ケープブレトンの音楽自体を愛してますよ!それが大前提)
 
そんなわけで、「単なる恩返し」のために弾き続けています。先日始めたジグが形になって来たので、中途半端でほったらかしていたOld Time Wedding Reel を練習しています。明日はついに#2の後半に挑戦。ずーっとリールを引き続けていると頭がくらくらして、ノイローゼ気味になって来ますが、それがまたちょっと気持ち良かったりします。
 
 
フィドラー磯村実穂さんとピアニスト沢村淳子さんのCDです。
カナダ・ノヴァスコシア州ケープブレトン島定番の6セット収録!
 
I met Cape Breton music in October 2005, when I went to Cape Breton as a school trip. A teacher took the students to a squire dance in Mabou.
 
After I came back to Japan, I met a Japanese fiddler, and I started fiddling in the end of 2006. Although I used to play the violin when I was a university student, I didn't remember how to play it. It had been more than 10 years, since I opened the violin case before. I took the violin to a violin studio to have it fixed and it was reborn as a fiddle. Amazingly, about two years already passed.Time flies.
 
I went to a live concert tonight of the Japanese fiddler Miho. Her bowing was fantastic as usual and she played some tunes I knew and I didn't know. I cannot believe people can play in public, because I am sure that I cannot do that.
 
As I was listening to the performance, I was thinking about my future of fiddling. What I want to do with the fiddle? I don't think I will be a professional fiddler and put on music in public. I've never thought I wanna release a CD. However, I am going to Halifax to play the fiddle for my friends and host families next year.
 
I play the fiddle only for my friends. I want them to enjoy it and I wanna make them happy. That's all. The reason why I chose Cape Breton music is I wanted something related to Nova Scotia. I need some reasons which I have to go to Nova Scotia every year. Of course I love Cape Breton music itself.
 
Then, I have played the fiddle. I started to practice "Old Time Wedding Reel". Tomorrow I will start the second half of #2. While I am playing reels for a while, I feel dizzy, but I like even it.
 
 
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Profile
HN:
mariko @ 東京都
性別:
女性
趣味:
フィドル(バイオリン)、英語、最近は食育、お裁縫、お菓子も作っちゃう♪
自己紹介:
◆2005年ハリファックス、2007年バンクーバーと2度のカナダ留学を経て、カナダ・ケープブレトン島の音楽が大好きになりました。細々とですが、自分でもフィドル(バイオリン)を弾きます。

◆2010年7月、40歳で結婚。今は専業主婦をしながら日々楽しいことを探しています。

◆勉強も好きで、2006年CDA(キャリアカウンセラー)、2011年FP3級とFP2級を取得しました。知りたいことがたくさんあるので、今後も勉学に励みたいと思います。

◆映画「かもめ食堂」を見て、北欧のインテリアや小物が大好きになりました。特にmarimekkoが好きで、バッグを愛用しています。
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Domino
マウスで遊んであげて下さい♪
A book I am reading now
今読んでいる本です
amazon
本の検索にどうぞ
SHOPPING
Comment
[08/09 mariko]
[08/07 まゆとそらとゆき]
[02/24 mariko]
[02/19 choco]
[01/07 mariko]
Search
Counter
Access
Copyright © ワタシはまだウナギ All rights reserved. / Template by 四季. / Material by てんせん.

忍者ブログ [PR]