忍者ブログ
2005年から始まった2度のカナダ留学から2008年夏に戻ってきました。英語・フィドル・美味しいもの・・・ささやかな日常を綴った生存確認ブログでしたが、2010年、突然結婚することになり、今や何がテーマかよくわからないブログになりました。
[504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [496]  [495]  [494
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

主婦となって二ヵ月余り。
仕事もしているので、家事にどっぷり、というわけには行きませんが、それなりに生活のリズムが決まってきました。

最近気になるのは一ヶ月の食費です。
夫婦二人で平均的だと一体いくらくらいであろう・・・と気になって調べてみました。

「二万円です」
「一万五千円!」
「二万五千円。今月は使い過ぎちゃった(汗)」
「だいたい三万円かな~」

嘘・・・・

なんで!なんでっっ!!なんで~~~~

ひとり暮らしだって、三万円くらいかかってましたが・・・。(食べ過ぎ?)
実家を出る時、母に「食費には月三万円ほどかけるように。健康に関わるので、無茶な切りつめはせぬように」と言われたせいかもしれません。

でも、夫婦二人で一万円台~二万円台という人たちの詳細を聞くと、「お米と野菜は実家からたくさんもらうので♪」とか(ズルくない?)、「絶対に刺身は買いません!」とか、「ごはんは毎日野菜のみそ汁と納豆ごはんだけ。これで一万円台でいけますよ☆」などというあまりにも参考にならないお話ばかり。

ダンナさんの好きなお刺身だって出したいし、野菜やお肉はできるだけ国産のもの食べたいし、調味料だってなるべく添加物の入って無いもの(たいてい高め)買いたいし、果物も欲しいし、たまにはお菓子だって買いたいし。

と思っていると、食費切り詰めについてのこんな反論も。
「けちけち生活もいいかもしれないけど、気持ちが荒みますよ」「節約100円おかずだって、それだけを食べてるわけじゃないでしょ」「一生懸命働いているダンナには美味しいもの食べてもらいたい。食費は削れません!」

それを読んで安心しました。
20代だったら切り詰め生活もいいかもしれませんが、もう40代だし、あまりに節約すると確かに気持ちが荒れそうな気がしますしね。食べるものによって精神状態も変わるものだし、健康に関わるところはやはり削れない。母の言葉が生きております。





拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Profile
HN:
mariko @ 東京都
性別:
女性
趣味:
フィドル(バイオリン)、英語、最近は食育、お裁縫、お菓子も作っちゃう♪
自己紹介:
◆2005年ハリファックス、2007年バンクーバーと2度のカナダ留学を経て、カナダ・ケープブレトン島の音楽が大好きになりました。細々とですが、自分でもフィドル(バイオリン)を弾きます。

◆2010年7月、40歳で結婚。今は専業主婦をしながら日々楽しいことを探しています。

◆勉強も好きで、2006年CDA(キャリアカウンセラー)、2011年FP3級とFP2級を取得しました。知りたいことがたくさんあるので、今後も勉学に励みたいと思います。

◆映画「かもめ食堂」を見て、北欧のインテリアや小物が大好きになりました。特にmarimekkoが好きで、バッグを愛用しています。
Calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Domino
マウスで遊んであげて下さい♪
A book I am reading now
今読んでいる本です
amazon
本の検索にどうぞ
SHOPPING
Comment
[08/09 mariko]
[08/07 まゆとそらとゆき]
[02/24 mariko]
[02/19 choco]
[01/07 mariko]
Search
Counter
Access
Copyright © ワタシはまだウナギ All rights reserved. / Template by 四季. / Material by てんせん.

忍者ブログ [PR]